Binance Coin ($BNB) Analysis and Valuation

By Tushar Jain

February 19, 2019 | 5 Minute Read

Disclosure: Multicoin Capital owns BNB tokens. Multicoin Capital abides by a “No Trade Policy” for the assets listed in this report for 3 days (“No Trade Period”) following its public release.

Your margin is my opportunity. -Jeff Bezos, Founder and CEO, Amazon

Binance is the crypto exchange that best exemplifies Bezos’s famous quote. The industry leading exchange charges the lowest fees in the industry as a strategy and competitive advantage. Similar to Amazon, Binance’s strategy is to use low prices to bootstrap a powerful network, and generate profits with scale. Today, Binance is the top volume exchange for 82% of the top 50 tokens and 36.6% of spot trading volume occurs on Binance.

Exchanges are one of the few businesses that have strong network effects. Liquidity attracts more liquidity. That is why most nations only have one dominant stock exchange, as this is the natural market equilibrium. Given the international nature of crypto trading, there is natural pressure towards one dominant global crypto-to-crypto exchange. An aggressive player that captures the market early will become more entrenched as the market matures.

Binance is by far the most aggressive crypto exchange. It has exploded over the last 18 months to become the dominant global crypto exchange, and they’re not slowing down. Rather, they’re launching ambitious new growth initiatives to strengthen their network effects. The two most important such initiatives are 1) launching fiat currency support – which will be launching in 10 nations across five continents in 2019 (until recently, Binance did not support any fiat pairs), and 2) releasing Binance DEX, a powerful new decentralized exchange (DEX), which we expect will become the dominant DEX shortly after launch in the first half of 2019. Binance’s leadership sees the enormous opportunity in front of them and is moving quickly to conquer the market before anyone else can.

Binance is a mobile business and has taken advantage of this to execute a regulatory arbitrage strategy by moving to the most regulatory-friendly jurisdictions. They have changed jurisdictions five times in the history of the company, starting in Hong Kong, followed by Singapore, Japan, Taiwan, Cayman Islands, and finally settling in Malta. With a foundation in Malta, Binance is setting up hubs around the world anchored by 10 fiat-crypto exchanges in 10 separate jurisdictions, making the business resilient to any given regulator.

Suffice to say we’ve been following the rise of Binance and Binance Chain closely. Binance Chain features a permissionless decentralized exchange that will allow anyone anywhere in the world to trade any token. If successful, the implications of such an exchange would be extremely meaningful to the entire crypto ecosystem.

Binance understands the power of blockchain to enable new disruptive models for economic activity. This is why they announced that “Binance will transition from being a company to a community” when they announced Binance DEX. We expect that the value created by Binance DEX will be captured in the BNB token rather than Binance equity – allowing users to directly participate in the economics of the platform without any barriers. We believe that Binance will be the first for-profit corporation to start out centralized, achieve meaningful scale, and ultimately decentralize itself to become the first internet-sovereign organization, and the largest decentralized autonomous corporation (DAC).

Given that Binance has the industry’s lowest fees, the widest global reach, and the highest volumes, we believe that it’s the frontrunner in the race to be the world’s dominant crypto exchange. We also believe that Binance’s token, BNB, is dramatically undervalued, primarily because it is a novel asset with properties that many investors do not yet fully appreciate.

In 2018 Binance returned $88M to BNB investors through a buy-and-burn mechanism (analogous to a stock buyback). The current fully-diluted valuation of the BNB token is $1.9B, which implies a 4.6% yield. However, it is key to note that BNB is not a typical share in a typical company and there are material differences which we cover in our report.

BNB’s value is driven by more than the cash being returned to investors by Binance. BNB has tremendous utility and is used as:

  1. Staking token – Users who hold a significant amount of BNB get discounted fees on the exchange according to a set schedule
  2. Discount token – users who pay their exchange fees with BNB get a discount
  3. Payment token – trading fees on the Binance Chain can be paid with BNB

In sum, all of these factors must be considered when valuing BNB. In our full analysis we explore Binance’s business strategy, the DEX market and its competition, and propose a framework for valuing BNB.

DOWNLOAD REPORT IN JAPANESE

BINANCE COIN ($BNB) の分析と評価 著:Tushar Jain

開示情報:Multicoin CapitalはBNBトークンを保有しています。

あなたの利益は私のチャンスである。 -Jeff Bezos、Amazon創業者兼CEO Binanceは、Bezos氏の有名な発言を如実に体現している仮想通貨取引所です。業界トップの取引所で あるBinanceは、戦略及び競争上のアドバンテージとして、業界最安値の手数料を課しています。 Amazonと同様に、低価格を活かして強力なネットワークを自ら作り上げ、規模を伴った利益を生み出 すというのがBinanceの戦略です。Binanceは現在、上位50トークンの82%1で最大の取引高を占め、ス ポット取引高の36.6%がBinanceで生じています2。

取引所は強力なネットワーク効果を持つ数少ない事業の1つです。流動性はさらなる流動性を惹きつけ ます。そのような訳で、多くの国々では1つの支配的な証券取引所のみが存在します。これが自然な市 場均衡だからです。仮想通貨取引の国際的性質を考慮すると、1つの支配的で国際的な仮想通貨間取引 所へと向かう自然な圧力が存在します。早くから市場を獲得している積極的な参加者は、市場の成熟に 伴いより揺るぎないものになるでしょう。

Binanceは群を抜いて積極的な仮想通貨取引所です。支配的で国際的な仮想通貨取引所になるため、過 去18カ月間に渡って急成長しており、その勢いは衰えていません。それどころか、Binanceはそのネ ットワーク効果を強化する野心的な新成長戦略を立ち上げようとしています。最も重要な2つの戦略は 次の通りです。1)法定通貨への対応を開始 – 2019年に5大陸の10カ国で開始する予定です(最近まで Binanceはどの法定通貨ペアにも対応していませんでした)。2)強力な新しい分散型取引所(DEX) であるBinanceDEXのリリース – 2019年前半の立ち上げ後間もなく、支配的なDEXになると見込まれ ます。Binanceの経営陣は自分達の眼前にある大きな機会を理解しており、他の誰よりも早く市場を支 配するために迅速な行動をとっています。

Binanceは機動力のある会社で、それを活かし最も寛容な規制を行っている地域に移転することで、 規制のアービトラージ戦略を実行しています。Binanceはこれまで5度その地域を変えています。香港

から始まり、シンガポール、日本、台湾、ケイマン諸島に移り、そして最後にマルタに落ち着きまし た。マルタに基盤を置くBinanceは、10カ所の地域における10社の法定通貨‐仮想通貨の取引所を主軸 として世界中に拠点を設立しており、どの規制当局に対しても抵抗力のある事業を構築しています。

私達はBinanceとBinance Chainの発展を見守ってきた、と言えば十分でしょう。Binance Chainは非許 可型の分散型取引所が特徴で、これにより世界中どの場所でも誰もが

1CoinMarketCap.comの市場統計によると、Binanceの中央集権型取引所はmessari.ioにおける上位50資産中41資産 で、同業者(Coinbase Pro、Bitfinex、Kraken、Bittrex、Poloniex)中最大の取引高を持つ取引ペアを提供してい ます。 2仮装売買を除外するよう調整済み – 情報元:https://www.blockchaintransparency.org/december-2018-rankings/

あらゆるトークンを取引できるようになります。上手くいけば、こうした取引所がもたらす影響は仮想 通貨エコシステム全体にとって非常に有意義なものになるでしょう。

Binanceは、経済活動の新たな破壊的モデルを実現可能にするというブロックチェーンの力を理解して

います。そのような訳で、BinanceはBinance DEXの発表時に、「Binance は企業からコミュニティに

移行する」と発表したのです。Binanceの株式ではなくBNBトークンがBinance DEXの生み出す価値を

獲得し、ユーザーは何の障壁も無しにそのプラットフォームの経済に直接参加できるようになると見

込まれます。Binanceは、中央集権型で始まり、有意義な規模になり、最終的には自身を分散化するこ

とで

初めてのインターネット主権の組織、そして最大の自律分散型企業(DAC)となる最初の営利企 業になるだろうと私達は考えています。

Binanceが業界最安値の手数料、最大の世界的広がり、最大の取引高を持っていることを考えると、 世界の支配的な仮想通貨取引所になるための競争の先頭に立っているのはBinanceだと思われます。 また、BinanceのトークンであるBNBは、多くの投資家がまだ完全には理解していない特性を持つ新 たな資産であることを主な理由とし、著しく過小評価されていると思われます。

Binanceは2018年、buy-and-burnという仕組み(株式の買い戻しに類似した手法)を通じ8,800万 ドルをBNB投資家に還元しました。BNBトークンの完全希薄化後の評価額は現在19億ドルで、利 回りは4.6%となっています。しかしながら、BNBは通常の企業の通常の株式ではなく、私達がレ ポートで取り上げている重要な違いが存在するという点に留意する必要があります。

BNBの価値は、Binanceが投資家に還元する現金以上の要素によって決定されます。BNBは大きな有用 性を持ち、以下の用途があります:

ステーキングトークン – 設定されたスケジュールによると、多額のBNBを保有するユー ザーは取引所の手数料が割り引かれます 割引トークン – 取引所の手数料をBNBで支払うと割り引きを受けられます 支払トークン – Binance Chain上の全ての取引手数料はBNBで支払う必要があります まとめると、BNBを評価する際はこれら全ての要素を考慮する必要があります。私達の詳細な分

析では、Binanceの事業戦略や、DEX市場とその競合相手を調査し、BNB評価の枠組みを提案し ます。

Interested in partnering with us, or building something great?

Get in touch